青山のパーソナルトレーニングジム 青山一丁目徒歩3分

ジェンツ・マドモワゼル 青山本店

アディダス トレーナー研修会

投稿日:

毎年恒例の、アディダスのファンクショナルトレーニングの研修会に行ってきました。

毎年テーマが設定されて、それについての研修を受けます。

日本全国から50名近いトレーナーや理学療法士が集まりました。私自身は、なんと徒歩で行けちゃう会場なので、遠方からいらしている皆さまはすごいなぁ、といつも感心しちゃいます。

この研修会は、もはや恒例行事になっているため、顔見知りもすこしずつ増え、ちょっとした同窓会気分があるところも、結構気に入っています。

 

さっそく始まると、今年のテーマは「腰部」とのこと。

厚生省のデータによると、腰痛の原因のほとんどは、はっきりしないグレーなものが多いんだとか。

そういえば、ジェンツ・マドモワゼルの会員様の中にも、腰痛を訴える方が結構いるなぁ、と思いながら、研修内容に取り組みました。

私自身も、肥満デブだった時代は、腰痛に悩まされたものでした。(もちろん、いまは腰痛や肩こりなど、まったくありませんよ!)

adidas functional training

 

朝の9:30から、夕方17:30までという長丁場でしたが、座学と実技の繰り返しで、あっという間に1日がすぎてしまいました。

二人一組でペアになって、お互いの体を改善していくのですが、私のお相手お方に、1日かけて私のカラダをよくしてもらったような感じで終了です(笑。

 

終わってみて振り返ると、最近は自分がすっかり筋トレモードになっていたため、私自身がファンクショナルについての意識が低くなっていたことに猛省するよい機会となりました。

配布されたテキストの、新しいインナーの説明のくだりに、

その筋肉は必要か? そのトレーニングは必要か? カラダを大きくして満足していないか? そんな時代は終わった。

という文章がありました。

確かに大胸筋が発達して、逆三角形でシックスパックは、オトコの憧れですし、美しい。

でも、私のように四十も後半に向かっていくと、ただデカイだけのカラダよりは、動けるカラダの方が大事なのかも。
などなど、いろいろと考えさせられるものがありました。

 

そして、こちらも毎年の恒例行事。最後は講師の門田先生と一緒にパシャ!

 

そういえば、昨年のテーマは肩甲骨でした。

肩甲骨の重要性や、そこにアプローチするエクササイズについては、この1年間、会員様にしっかりと理解していただけたのではないかと自負しています。

今回の研修内容である腰部分についても、早速明日からのセッションに取り入れ、会員様のカラダを、機能的にするエイジングケア・トレーニングのクオリティを高めていきます。

 

オトナのためのエイジングケア・トレーニングジム <ジェンツ・マドモワゼル>では、このようなアディダスのメソッドを用いた運動指導をマンツーマンで行っています。

2018年も残りわずかですが、いまから始めることで、しっかり動けるカラダの2019年を目指しましょう。

まずはご体験に起こしくださいっ!

-GM通信(ブログ)

Copyright© ジェンツ・マドモワゼル 青山本店 , 2018 All Rights Reserved.