青山のパーソナルトレーニングジム 青山一丁目徒歩3分

ジェンツ・マドモワゼル 青山本店

寒さが辛い〜冬こそカラダメンテが大事!

投稿日:

winter-girl

2018年もいよいよ残すところ1ヶ月。平成最後の12月になりましたね。

 

師走に入り、日に日に寒さが増してくるこの時期は、やはりカラダが縮こまる感じがしてきますよね。

そんな時期こそ、積極的にカラダを整えることを考えることで、健康維持のみならず、不慮の怪我や故障の予防にも繋がります。

今日はそんな寒い時季こそ行いたい、カラダのメンテナンスについて考えます。

 

寒い時季におすすめのカラダメンテ

①お風呂でしっかりと温まる

何を今更と言われてしまうかもしれませんが、忙しい毎日の中で、38-40度のお風呂に10分以上浸かって、カラダを芯から温めることが、みなさん意外とできていないようです。

それどころか、案外パパッと済ましてしまう方が多いみたい...。

また、12月に入ると忘年会という多量飲酒の言い訳も増え、酔っ払って余計に面倒になって、入浴が適当になってしまうことも多いのではないでしょうか。

そんな時期だからこそ、入浴の時間をしっかり確保して、1日の疲れをリセットしてください。

特にオススメは入浴剤の利用です。

単にお湯を張ってはいるのはもちろんなのですが、そこに、入浴剤を加えることで、水質が変わって肌に優しくなると共に、香りやブクブク発泡のアワなどで、精神的にもリラックスでき、全身がよりほぐれてくれる気分がするものです。

毎日温泉でゆっくり、とはいかない現代社会なのですが、1日の終わりのホッコリタイムはなんとか確保したいものです。

 

 

②冬は意外と汗をかきます

実は冬の寒い季節の方が、汗をかくことが多いです。

それは、コートやダウンを着たまま電車に乗ったり、暖房の聞いたビルに入ったりした時に、衣類から体温を逃すことができず、瞬間的に汗だくになる経験はお持ちではないでしょうか?

そして、暑いからといって、その汗を今度は外の冷気で逃してしまうと、逆に一気にカラダが冷えてしまい、風邪をひいてしまう。なんてこと、ありませんか?

こういう状況にならないためにも、この時期は出来るだけ温度調節しやすい重ね着を心がけ、インナーは吸汗速乾のものを選んで身に着けるようにしていただくことが、カラダへの負担を減らすことに繋がります。

また、汗をそのまま放っておくと、皮膚の細菌と反応することで、体臭へと繋がる恐れもあるものです。

それゆえ、寒い時期こそ汗ケアを意識したカラダメンテが重要です。

 

 

 

③空気の乾燥に気をつける

冬は空気がカラカラに乾いてしまいます。

なので、肌にはもちろん、喉にもとっても過酷な環境になってしまします。

外見を綺麗に保つためにも、肌への保湿ケアはしっかりと行いたいものです。

そして、就寝時に加湿器を利用するなどの、おやすみ喉ケアもとても大事な時期です。

ちなみに、アロマ加湿器を使用すると、その香りだけでなく、アロマ自体の効能も一緒に取り入れることができ、室内環境にさらに良い効果を与えることができます。

また、私が言うまでもないですが、外出先から帰ってきたら、まずは手洗いとうがいを念入りに。

乾燥した空気につつまれてしまうこの季節は、あなたのカラダに負荷を与えるということを、しっかり意識して過ごしましょう!

 

 

④意識的にカラダを動かす&伸ばす

寒い冬は、やはり気分的にも、カラダ的にも縮こまってしまうものです。

だからこそ、より意識的に積極的にカラダを動かそうとしないと、なかなか動く気になりませんよね。

もしトレーニングが億劫であれば、より軽いエクササイズ、もしくはストレッチでカラダを伸ばすだけでもいいので、少しずつでもカラダを動かすことで、気分がよりポジティブになっていき、寒い期間のトレーニングへのモチベーションへと繋がっていくはずです。

寒さでカラダが縮こまりがちな冬ならではのモチベーション維持について、ぜひ一度考えてみてください。

当ジムでは、『忘年会で太らないために動く!』というのが、堂々の第一位です(笑

 

2018年の最後に、ぜひご自身のカラダと向き合い、一歩踏み出すきっかけになればと思います。

 

NORIZO
今年のカラダは、今年のうちに!

 

-GM通信(ブログ), エイジングケア

Copyright© ジェンツ・マドモワゼル 青山本店 , 2018 All Rights Reserved.